男性のボディメイク

生え際の形とハゲやすさは遺伝します。3つの原因と対策をご紹介

生え際の形とハゲやすさは遺伝します。3つの原因と対策をご紹介

人よりもおでこが広い。元々M字ハゲみたいな生え際。
残念ながら、生え際の形とハゲやすさは両親から遺伝します。

しかし、悲観する事はありません。
正しい治療を行えば、ハゲやすい体質が遺伝した人でも髪を守ることが出来ます。

こちらではハゲやすさに繋がる遺伝要因を3つ、AGA治療の選択肢を3つご紹介します。

生え際の形・ハゲやすさは遺伝します!ハゲに関する遺伝要因3選

生え際の形やハゲやすさに関係する遺伝要素は下記の3つです。

どれか1つでも当てはまったのであれば、あなたは他の人よりもハゲやすい体質です。

  • 剃りこみが深い両親がいると、子供にも受け継がれる
  • 生え際だけでなく、5αリダクターゼの活発性も遺伝すると更にハゲやすくなる
  • 生え際は問題なくとも、生まれつき毛根が少ない人も居る

剃りこみが深い両親がいると、子供にも受け継がれる

あなたのご両親の生え際は、どんな形をしているでしょうか?

もし、剃り込みが深いかたちになっていると、あなたにも剃り込みが遺伝しハゲやすい生え際になっている可能性が高いです。

元々剃り込みが深い額は、AGAが進行した時のM字ハゲが目立ちやすい要因になります。

また、AGAに限らず頭蓋骨の形によりM字ハゲになりやすい事もある為、剃り込みが深い両親が居る場合にはご自身の生え際をより一層注意して確認してみましょう。

生え際だけでなく、5αリダクターゼの活発性も遺伝すると更にハゲやすくなる

生え際は普通でも、体内の還元酵素(5αリダクターゼ)の活発性が遺伝すると、あなたも両親同様ハゲやすい体質を継ぐことになります。

還元酵素(5αリダクターゼ)には、男性ホルモン「テストステロン」を強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換する働きがあります。

ジヒドロテストステロンには、頭部の髪の毛の成長サイクルを乱し、成長期(髪が伸びる期間)を極端に短縮する働きがあるため、ジヒドロテストステロンの生産量が増えれば増える程、AGA(男性型脱毛症)は早く進行します。

そのため、ハゲの原因ホルモンを作り出す還元酵素の活発性は、両親から遺伝するのでハゲに関する遺伝要因であると言えます。

生え際は問題なくとも、生まれつき毛根が少ない人も居る

生え際は問題ない、還元酵素の活発性も問題ない人でも「生まれつきの毛根数」が少ないと他の人よりもハゲやすいとされています。

毛根が少ない人は、AGAのように劇的に薄毛になる事はありませんが、壮年性の脱毛症が目立ちやすい傾向にあります。

毛根の数は両親から遺伝するものなので、要因の1つであることを覚えておきましょう。

以前より生え際が後退したと感じたら、ほぼ間違いなくAGA

遺伝要因によりハゲやすくなることは確実ですが、もし遺伝要因がない人でも「ハゲてきたかも」と危機感を感じたのであれば、既にAGAを発症している可能性が高いです。

こちらではAGAのメカニズム、早期治療が必要な根拠について解説していきます。

AGA(男性型脱毛症)のメカニズム

AGA(男性型脱毛症)は進行型の脱毛症です。

男性ホルモン「テストステロン」が5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素によって強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換され、髪の成長サイクルのうち成長期を極端に短縮することで、髪が成長する時間が短くなり、髪がどんどん抜けていくといったメカニズムになります。

上記1文を読んでも、イマイチ理解が出来なかった人は「強い男性ホルモンが髪の成長時間を短くした。だから短い毛と細い毛しか生えなくなってハゲる」と覚えましょう。

1度進行したら止まることはないので、早期治療が必要

AGAは1度進行を始めると最後。自然に止まる事はありません。

どれだけ睡眠時間を増やしても、運動を始めても、食生活を改善しても、AGA治療を行わない限りはハゲ続けます。

生活習慣を治す事では、強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生産量を減らす事は出来ない為です。

他の病気に例えた時に、もっとも適しているのは「虫歯」。
歯医者にいって治療しないと、悪化する一方で自然治癒する事はないという点がそっくりです。

「やばい」と感じた時ではなく、「もしかして」と不安に思った時に治療に踏み切ることが、髪を守るための最善です。

【今日から実践する】生え際を元に戻すためのAGA治療3選

AGA治療には、お薬を使った服薬治療が効果的。使ってよかったと思えるような、効果的なお薬を3つご紹介します。

  • フィナステリドではなくデュタステリド製剤でAGAの進行を抑制する
  • ミノキシジル製剤で髪の成長を促す
  • メソセラピーで頭皮に髪の成長因子を注射する

フィナステリドではなくデュタステリド製剤でAGAの進行を抑制する

生え際の後退は、従来のAGA治療薬「フィナステリド」では治療が難しいとされています。

頭頂部付近の薄毛には効果があるとされていますが、M字ハゲのような前頭部の薄毛治療には頭頂部ほどの治療実績を残せていないのが現実です。

新しいAGA治療薬「デュタステリド」であれば、フィナステリドよりも広い範囲の5αリダクターゼの働きを阻害できるため、前頭部の薄毛にも良い効果が得られるとされています。

ミノキシジル製剤で髪の成長を促す

前述のデュタステリドで薄毛の進行を抑制するだけでは、前頭部の毛量はすぐには増えません。
ミノキシジル製剤を使えば、今までお休みしていた髪の毛の成長を促す事が可能です。

内服タイプのミノキシジルと塗るタイプ(外用)のミノキシジル、どちらを使っても同様の発毛効果が得られます。
目に見えて成果がわかりやすい治療薬の1つとして知られています。

メソセラピーで頭皮に髪の成長因子を注射する

メソセラピーはAGAクリニックなどで実施されているAGA治療になります。
注射器、ローラー、炭酸ガスなど様々な方法で頭皮に直接薬剤を注入します。

薬剤の中には、髪の成長を促す成分や成長因子などが多数配合されています。

高度な治療で、なおかつ医療機関でないと実施されない治療になりますので内服薬だけを使った治療に比べるとコストが高い傾向にあります。

何回、どれくらいの期間で注射すればよいのか等の個人差が大きい治療法になりますので興味がある方はまずはAGA治療を専攻しているクリニックを受診する事をオススメします。

ハゲやすい生え際が遺伝しても絶望する必要はない。今日から適切な治療を行うべし

ハゲやすい生え際が遺伝してしまっても、AGAが進行する前に治療を開始すれば、あなたの髪の毛はおじいさんになるまで維持できます。

ただ、そのためには今日からの行動が必須です。
まだ大丈夫と思っていても、AGAは確実にあなたの髪の毛を奪っていきます。

怪しいと思ってからでなく、違和感を覚えた段階でAGA治療に踏み切りましょう。