あんしん通販マート
タミフルと並ぶ2大インフルエンザ治療薬リレンザ

インフルエンザの予防と治療の両方に効果がある吸引式の医薬品

リレンザ
インフルエンザの予防と治療に
リレンザ

リレンザはA型又はB型インフルエンザウイルス感染症の治療及びその予防に用いられる吸入剤です。
治療には1日2回の吸入を5日間、予防には1日1回の吸入を10日間続けます。

¥6,980~

商品を見る

タミフルに負けない利点

インフルエンザ治療薬といえば、やはり「タミフル」を思い浮かべる方が多いでしょう。
しかし、リレンザも非常に高品質な医薬品であり、タミフルに勝る点が数多くございます。

吸引式だから即効性が高い

タミフルは飲み薬なので効果が出るまでに時間がかかりますが、リレンザは薬剤が粉末となっており、それを吸引することで気道に直接作用して約1分でウイルスの増殖を抑えます。
今すぐ症状をやわらげたい方におすすめの商品です。

大手の製薬会社だから安心

リレンザは様々な分野における医薬品の開発を手掛けるグラクソスミスクラインが販売するインフルエンザ治療薬です。
同社の製品では風邪薬の「コンタック」などが有名であり、リレンザもまた非常に品質の良い医薬品です。

予防と治療の両方に役立ちます

インフルエンザウイルスは、呼吸をする際の気道(口から肺までの通り道)にて増殖します。
リレンザは、この気道に直接作用する粉末タイプとなるため、予防と治療の両方に役立ちます。

予防用として

ウイルスの表面にある酵素を阻害してA型・B型のインフルエンザウイルス細胞が遊離・増殖することを防ぐため感染の予防に役立ちます。
インフルエンザに感染する前にリレンザを常備しておきましょう。

治療用として

A型・B型のインフルエンザウイルスに感染した場合、48時間以内に使用することでウイルスが体内で増殖することを防ぎ、感染の拡大を抑えて、すばやく改善します。
粉末タイプなので効果がすぐに現れることがリレンザの魅力の一つと言えるでしょう。

粉薬や顆粒は「味が苦くて飲みにくい」というイメージがありますが、リレンザの薬(ディスク)に入っている粉末は飲みやすさを考慮してほのかな甘みがあるため、粉薬が苦手な方にもご利用いただけます。

価格の差をご覧ください

リレンザを当サイトで購入した場合と、その他で購入して場合を比較しました。

リレンザ1箱20回分で比較
病院 ¥10,000
他サイト ¥8,000
あんしん通販マート ¥6,980

病院の場合、予防用の処方は保険適応外のためさらに高額な料金となります。
同じ商品なら安いほうが断然お得!!

インフルエンザA型・B型の予防と治療に

リレンザはこちら

リレンザの使用方法

  • 写真で見る
  • 動画で見る
吸入準備の手順
  1. 吸引準備1

    吸引器の青いカバーを外し、中の白いトレーを引き出します。白いトレーの側面にあるクリップを指でつまみながら本体から取り外してください。

  2. 吸引準備2

    白いトレーの4つの穴に、薬(ディスク)の膨らんだ面をはめ込み乗せ、そのまま本体に戻してカチッと音がするまで押し込みます。

  3. 吸引準備3

    水平に持ったまま、本体のフタを垂直に立てて、そのままゆっくり戻します。これでフタの針が薬(ディスク)に貫通し、薬を吸引できる状態になりました。

吸入方法
  1. 吸引方法1

    薬がこぼれないように吸引器を水平に持って無理のない程度に息を吐き出します。

  2. 吸引方法2

    吸引口をしっかり口にくわえて、すばやく息を吸い込みます。※吸引器の側面にある穴(空気孔)をふさがないように注意します。

  3. 吸引方法3

    薬を吸い込んだら吸入口から口を離し、2~3秒ほど息を止めます。全て吸えたか心配な時は1~2回ほど繰り返してください。

  4. 吸引方法4

    薬(ディスク)は、1枚で4回分の吸引を行うことができます。白いトレーを引き出して再びカチッと音がするまで戻すことで、ディスクが自動的に回転し、次の吸引を行うことができます。

服用回数
  • 治療としての使用は、5日間の継続使用で1日2回。
  • 予防としての使用は、10日間の使用で同じ時刻に1日1回。
  • どちらの場合も1回につきブリスター2つの吸引となります。

パソコンで再生できない場合はAdobe Flash Playerのバージョンを確認してください。
携帯・スマートフォンでは動画が再生できない場合があります。

吸入準備の手順
  1. 吸引器の青いカバーを外し、中の白いトレーを引き出します。白いトレーの側面にあるクリップを指でつまみながら本体から取り外してください。

  2. 白いトレーの4つの穴に、薬(ディスク)の膨らんだ面をはめ込み乗せ、そのまま本体に戻してカチッと音がするまで押し込みます。

  3. 水平に持ったまま、本体のフタを垂直に立てて、そのままゆっくり戻します。これでフタの針が薬(ディスク)に貫通し、薬を吸引できる状態になりました。

吸入方法
  1. 薬がこぼれないように吸引器を水平に持って無理のない程度に息を吐き出します。

  2. 吸引口をしっかり口にくわえて、すばやく息を吸い込みます。※吸引器の側面にある穴(空気孔)をふさがないように注意します。

  3. 薬を吸い込んだら吸入口から口を離し、2~3秒ほど息を止めます。全て吸えたか心配な時は1~2回ほど繰り返してください。

  4. 薬(ディスク)は、1枚で4回分の吸引を行うことができます。白いトレーを引き出して再びカチッと音がするまで戻すことで、ディスクが自動的に回転し、次の吸引を行うことができます。

服用回数
  • 治療としての使用は、5日間の継続使用で1日2回。
  • 予防としての使用は、10日間の使用で同じ時刻に1日1回。
  • どちらの場合も1回につきブリスター2つの吸引となります。

ご購入者様からの口コミ

★★★★★
リレンザを処方する病院は多くなってますね

やっぱりタミフルで頭がおかしくなったような副作用が出るっていうニュースなどが影響しているんでしょうか?
でも、あれはインフルエンザの症状のせいで、タミフルのせいではないという説が正しいようですね。
そうは言ってもやぱり使う側としては副作用が少ないと言われるリレンザのほうがいいでしょ!
値段もタミフルより安いし、使い方も成分も違う物だから効き目が早いです。

★★★★★
あんしん通販マートが最安値かな

インフルやっちゃうと会社の決まりで最低でも一週間は休まなきゃいけないから、絶対に感染は避けたいと思うけど過去2回もインフルやってるので、前の時に病院でもらったタミフルは一応とっておいてるけど、古い薬は賞味期限が切れるといわれてリレンザを用意することにした。

★★★★☆
季節型と新型

インフルエンザって毎年流行るのが季節型で、それ以外の新しいやつが新型っていうらしいね。
だから季節型のほうは一回やると免疫力ついているから、そう簡単にはかからないけど新型がヤバイらしいね・・・免疫ないから。
そう考えると俺も今年は大丈夫!・・・とか言ってられないなーと思ってリレンザを緊急用に一個買っておきました。
使わないことを願いたいけど、まぁこういうものは念のために置いておいたほうがいいよね。

★★★★★
飲むやつより効くの早いです

使い方がちょっと難しいけど、飲み薬より効いて楽になる感じがよかったです。
粉っぽいのが苦手な人はちょっと抵抗あるかもしれないけど、早く治したいって人にはタミフルよりおすすめ!!
前にもリレンザにはお世話になりましたが効果の高さはタミフルと変わらず役立ちます。
でもインフルエンザはこりごりだー

インフルエンザA型・B型の予防と治療に

リレンザはこちら
ページトップへ戻る