女性のボディメイク

毛穴の洗浄で顔のくすみは改善できる!肌を傷めずにくすみを治す方法を徹底解説

毛穴の洗浄で顔のくすみは改善できる!肌を傷めずにくすみを治す方法を徹底解説

「肌がどんよりくすんで、顔の印象が暗く見える…。どうにかならないかな?」

というお悩みをお持ちの人は多いのではないでしょうか。

実は、毛穴に汚れがたまっている場合は洗浄することで顔のくすみが改善されるんです。

そこで当記事ではくすみと毛穴の関係性や、肌を傷めずくすみを改善する方法を徹底解説します。

3分ほどで読めますので、くすみを改善して肌をワントーン明るく見せたい人はぜひ参考にしてみてください。

毛穴の汚れを無くすことで顔のくすみは改善できる

肌がくすんでしまう原因のひとつは、毛穴に蓄積した汚れ。そのため、毛穴の汚れをきれいに取り除くことで顔のくすみは改善できます。

毛穴が汚れる原因

  • 落とし切れずに残ってしまったメイク
  • 汗や過剰に分泌された皮脂
  • 空気中のほこりや花粉、PM2.5、排気ガス
  • 古い角質などの老廃物

これらの汚れが何日も蓄積されると毛穴の詰まりが角栓となります。そして角栓が汚れたり化学変化を起こして酸化したりすると、変色して毛穴の黒ずみになってしまうのです。

メイク汚れや皮脂汚れだけでなく、古い角質がはがれ落ちずに肌表面に残ってしまうこともくすみの原因のひとつ。

この場合は肌のターンオーバーが正常に働いていないことが多く、蓄積した角質層が肌をくすませて灰色がかってみえてしまいます。

毛穴が汚れたり黒ずみがたまると肌がくすむだけでなく、化粧ノリが悪くなったり大人ニキビなどの肌トラブルを起こす原因になることも。

そのため、顔のくすみを改善するには毎日の毛穴汚れや古い角質をしっかり除去することが大切です。

黒い色素が減り肌の色が明るくなる

毛穴の汚れをしっかり取り除くことで黒ずみ(黒い色素)がへり、肌の色が明るくなっていきます。

毛穴の汚れと余分な皮脂が混ざって酸化し、色素沈着が発生するとシミのようなくすんだ肌になることも。

メイク汚れと一緒に毛穴にたまった黒ずみをしっかりと落とすことで、くすみがなくなり肌に透明感が生まれます。

肌を傷めずにくすみを改善する方法

肌はとてもデリケートなので、汚れを落とそうとゴシゴシ強くこすると傷めてしまいます。

そこで、ここでは肌を傷つけずに毛穴の汚れを無くし、くすみを改善する方法を紹介します。

くすみ改善に効果的なクレンジング剤

毛穴の汚れをしっかりと落としてくすみを改善するには、高い洗浄力のあるオイルクレンジングがおすすめです。

ミルクタイプやクリームタイプは肌への負担が少ないのですが、洗浄力が低いため長時間こすり続けることになり、結局肌を傷めてしまうことに。

一方で洗浄力が高いオイルは短時間で乳化し、毛穴の汚れやメイクにしっかり馴染んで汚れを浮かせ、スッキリ洗えます。

さらに、近年のオイルクレンジングは進化しているので保湿成分を含んでいるものが多く、肌への負担が少ない商品が多く販売されています。

肌が荒れやすい敏感肌や乾燥肌の人は、無添加のクレンジングオイルや刺激が少ないミルクやクリームタイプのクレンジング剤を使用してください。

ただ、ミルクやクリームタイプではアイシャドウやマスカラなどのアイメイクが落とし切れないことも。メイク汚れが残ると色素沈着が起こり、目のまわりがくすんでしまいます。

そのため、敏感肌の人もアイメイクだけは低刺激のアイメイクリムーバーの使用をおすすめします。

くすみを改善するクレンジング方法

毛穴の汚れを無くしてくすみを改善するには、1日の汚れをその日にうちに落とすことが重要ポイントです。

また、毛穴の汚れをしっかり落とすためにはクレンジングに60秒程度かけましょう。

クレンジング時間が短すぎると汚れがしっかり落とせず、長すぎると肌に負担をかけてしまいますので注意してください。

くすみが改善するクレンジング方法

  1. クレンジング剤を2~3プッシュ(500円玉大)とり、顔にのせる前に手のひらであたためます。
  2. 頬や額など面積の広い部分からオイルをのせ、くるくると円を描きながらメイクやとなじませ、オイルを顔全体に広げます。ここでオイルを乳化させます。
  3. Tゾーンやざらつきが気になる部分は念入りに指先でくるくるとなじませてください。目元や口元は皮膚が薄くデリケートなので、薬指を使ってあまり力を入れずにやさしくなじませます。
  4. 人肌の36度程のぬるま湯で20回以上ていねいにすすぎ流します。おでこの際やあごのライン、首元はすすぎ残しがないように特にしっかり洗ってください。

顔に熱いシャワーを直接かけると肌を傷めてしまい、乾燥やたるみの原因にもなってしまいます。

そのため、お風呂でクレンジングする場合は洗面器にお湯を張り、顔にかけてください。

このように、正しい方法でクレンジングすることで角層や毛穴の汚れが落ちてくすみが改善され、肌がワントーン明るくなります。

週に1~2回のスペシャルケアでさらに透明感のある肌に

より効果的にくすみを改善するなら、週に1~2回のスペシャルケアを取り入れてみてください。

毛穴の汚れを落とすにはスクラブピーリングがおすすめです。ただ、使いすぎると肌に負担をかけてしまうため、毎日使用せず使用頻度を守ることが大切です。

スクラブ

スクラブとは、細かい粒子状のスクラブ剤(研磨剤)が入った洗顔料のことです。

微粒子のスクラブは古い角質や毛穴の黒ずみを取り除いて肌を磨いてくれるので、くすみ改善に効果的。スクラブを使用することで毛穴の汚れが取れ、キメ細やかな肌に近づきます。

さらに、定期的にスクラブを使うことで肌のターンオーバーが促されるので、より透明感のある肌に近づけます。

研磨剤の素材は豊富で、ざらつきが強いタイプやなめらかな使い心地のタイプなどさまざま。

肌の汚れを吸着しやすい炭や酵素、クレイ(泥)などは、毛穴の汚れをしっかりと落としてくれます。

そのほか、食品にも使われるソルトスクラブやシュガースクラブなどもあります。

スクラブが余分な角質や毛穴汚れをきれいに落としてくれることで、次のような効果も期待できます。

  • 化粧水や美容液の浸透率が上がる
  • ざらつきのないなめらかな肌に導く
  • ニキビケアにつながる
  • 化粧のりがよくなる

スクラブは顔の角質はもちろん足の裏やかかと、ひじやひざ、お尻やデコルテにも使用できます。

ザラザラしていたり肌触りが気になるところに使ってみてください。

ピーリング

ピーリングとは肌表面に残った古い角質などを市販の薬剤や化粧品を使って溶かし、除去して肌再生に導く行為のこと。

通常、古い角質は垢となって体外に排出されます。しかし、紫外線を浴びたり肌を乾燥させたりするとターンオーバーが遅れがちになってしまいます。

その肌修復ができず、毛穴が詰まって黒ずみやくすみ、しわ、しみなどの原因となってしまいます。

そこでいつものクレンジングに週1回ピーリングをプラスすることによって古い角質を取り除けば、くすみが改善して肌の透明感がアップ。

さらに毛穴の皮脂づまり解消やターンオーバーの促進にもつながり、化粧水などが浸透しやすい肌へと導いてくれるのです。

正しいクレンジングで毛穴の汚れを落としてくすみを改善させよう

毛穴の汚れを落としてくすみを改善させるには、まず現在のクレンジング方法を見直すことが大切です。

クレンジング時にゴシゴシこすったり、すすぎが足りなかったりすると肌トラブルの原因となり毛穴の開きや汚れの原因になってしまいます。

正しいクレンジング方法で毛穴の汚れをその日のうちに除去することで、黒ずみが改善され肌のトーンがアップすると顔の印象も明るくなります。

また、クレンジングと洗顔で毛穴をきれいに一掃したあとは、化粧水やクリームで保湿ケアも念入りに。

このような毎日の何気ないスキンケアの積み重ねが、くすみのない透明感のある肌への近道です。